Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスは微減、一方でワンクリック詐欺被害の相談が増加 - IPA

情報処理推進機構は、3月のウイルスや不正アクセスの状況を取りまとめ、公表した。

3月のウイルス検出数は、約66万個と前月から3万件の微減となった。届出件数についても前月比5.3%減となる2933件。検出件数トップは、「W32/Netsky」が約52万個と依然突出しており、約4万個の「VBS/Solow」、約3万個「W32/Sality」と続いている。

不正アクセスについては、届け出件数と相談件数の合計は前月の73件から56件と減少したものの、半数以上にあたる29件に被害が発生している。

ウイルスや不正アクセスが減少傾向を見せる一方で、情報セキュリティに関する相談件数は増加傾向にあり、2月が1019件だったのに対し、3月は1127件に達し、過去最高を記録。

なかでも、今年に入って増加傾向を見せていたワンクリック不正請求に関する相談が3月も増加。316件と過去最悪となった2月の287件をさらに大きく上回った。大手ポータルサイトから安全なポータルサイトを検索したつもりが、詐欺サイトへアクセスしてしまった例など報告されている。

(Security NEXT - 2007/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ