Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスは微減、一方でワンクリック詐欺被害の相談が増加 - IPA

情報処理推進機構は、3月のウイルスや不正アクセスの状況を取りまとめ、公表した。

3月のウイルス検出数は、約66万個と前月から3万件の微減となった。届出件数についても前月比5.3%減となる2933件。検出件数トップは、「W32/Netsky」が約52万個と依然突出しており、約4万個の「VBS/Solow」、約3万個「W32/Sality」と続いている。

不正アクセスについては、届け出件数と相談件数の合計は前月の73件から56件と減少したものの、半数以上にあたる29件に被害が発生している。

ウイルスや不正アクセスが減少傾向を見せる一方で、情報セキュリティに関する相談件数は増加傾向にあり、2月が1019件だったのに対し、3月は1127件に達し、過去最高を記録。

なかでも、今年に入って増加傾向を見せていたワンクリック不正請求に関する相談が3月も増加。316件と過去最悪となった2月の287件をさらに大きく上回った。大手ポータルサイトから安全なポータルサイトを検索したつもりが、詐欺サイトへアクセスしてしまった例など報告されている。

(Security NEXT - 2007/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性