Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先車両の事故で顧客情報が一部焼失 - 北見信金

北見信用金庫の業務委託先運送会社において2月15日に車両火災が発生し、顧客情報が焼失する事故が発生した。事故にともなう個人情報の漏洩はなかった。

車両に積載され、毀損や焼失が発生したのは、顧客の取引データを保存したCD-ROMや取立手形データに関する書類、振込関連データ書類、口座振替関連書類、貸出関連書類、終了契約証書、年金関連書類など。含まれる個人情報は約3万7000件だった。

事故後、同金庫ではCD-ROMを回収。紙資料については火災の熱によりビニールが溶け、かたまりとなっており、外部流出がないことを確認したという。焼失した書類には、手形や有価証券などは含まれていなかった。同庫では、運送会社に対して再発防止を求めるとしている。

(Security NEXT - 2007/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も
QNAP製NASのアプリに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース