Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ICDが不正アクセス被害 - 顧客情報漏洩の被害は確認されず

IT関連事業を展開するインタラクティブ・コミュニケーション・デザインは、不正アクセスを受け、顧客情報漏洩の可能性を視野に入れ調査を実施していたが、漏洩の事実は確認されなかったと発表した。

同社サーバが、3月23日に不正アクセスの形跡があることが判明。同社では25日にサーバを隔離し、顧客の氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど個人情報が流出したおそれがあるとしてログデータなどの調査を進めていた。

同社では、メールサーバにおけるデータの漏洩や不正プログラムなどについて調査を実施した結果、顧客情報の漏洩はなかったと結論付けた。今後は情報システム部署を設置し、不正アクセス対策を強化するという。

(Security NEXT - 2007/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者