Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ICDが不正アクセス被害 - 顧客情報漏洩の被害は確認されず

IT関連事業を展開するインタラクティブ・コミュニケーション・デザインは、不正アクセスを受け、顧客情報漏洩の可能性を視野に入れ調査を実施していたが、漏洩の事実は確認されなかったと発表した。

同社サーバが、3月23日に不正アクセスの形跡があることが判明。同社では25日にサーバを隔離し、顧客の氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど個人情報が流出したおそれがあるとしてログデータなどの調査を進めていた。

同社では、メールサーバにおけるデータの漏洩や不正プログラムなどについて調査を実施した結果、顧客情報の漏洩はなかったと結論付けた。今後は情報システム部署を設置し、不正アクセス対策を強化するという。

(Security NEXT - 2007/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省