Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、新パートナー制度の成果第1弾としてトレンドマイクロと協業 - 検疫システムを提供

NECは、新パートナー制度「InfoCage WORKS」の第1弾としてトレンドマイクロと協業すると発表した。それにともないNECでは、それぞれの製品を連携させるツールの無償提供を4月2日より開始する。

今回の協業は、NECが「協調型セキュリティ」の構築を目指して2007年1月から開始した新しいパートナー制度「InfoCage WORKS」の成果によるもので、不正接続検知アプライアンス「InterSec/NQ30b」とトレンドマイクロの法人向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスター コーポレートエディション」の連携ツールを提供する。

従来「InterSec/NQ30b」を利用するには、クライアント端末のMACアドレスを手動で登録する必要があったが、今回提供される連携ツールにより、ウイルスバスターの管理サーバが収集したクライアント情報を定期的に自動で登録、変更するため、導入や運用の手間を軽減できる。

同ツールは、「InterSec/NQ30b」と管理ソフト「WebSAM SecureVisor SiteManager」のユーザーにNECが無償で提供する。

(Security NEXT - 2007/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携