Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールフィルタリングと暗号化の連携ソリューションで漏洩を防止 - NECソフト

NECソフトは、メールフィルタリング製品「GUARDIANWALL Ver7.0」とメール暗号化製品「PGP Universal」の連携ソリューション「GUARDIANWALL+PGP」を発売した。

同製品は、キヤノンシステムソリューションズのメールフィルタリング製品「GUARDIANWALL」と、米PGP Corporationのメール暗号化ゲートウェイソリューション「PGP Universal」を連携させることで、メールからの情報漏洩を防ぐソリューション。

GUARDIANWALLがメールサーバを通過するすべてのメールを保存し、PGP Universalが個人情報や機密情報を含むメールを暗号化して送信する。これらの連携は自動で実行されるため、ユーザー側の負担が軽減される。また、メールを保存してから暗号化するため、メールデータの監査も通常通り行える。価格は、50ユーザーで303万4500円から。

(Security NEXT - 2007/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院