Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

山口県、業務と関係ないサイトを閲覧した職員を処分 - ウイルス感染被害も

山口県は、業務とは関係ないウェブサイトを長時間にわたり閲覧したとして、同県企業局厚東川工業用水道事務所の職員を懲戒処分にした。

同職員は、2006年10月から12月にかけて業務と関係ないウェブサイトを長時間にわたって閲覧。またウェブサイトの閲覧した結果、事務所内の業務用パソコン5台にウイルスが感染したという。同県では、同職員に対して10分の1の減給3カ月の処分を実施した。

(Security NEXT - 2007/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
Adobeの画像や動画編集ソフトなど14製品に深刻な脆弱性
職員採用試験合格通知メールを不合格者に誤送信 - 長野県
中小企業におけるセキュリティ対策の実態調査を実施 - IPA