Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消費者金融ディック、誤って信用情報を債権譲渡先へ提供

消費者金融のディックを展開するCFJは、2006年に同社債権を譲渡した際、誤って顧客信用情報を提供し、情報センターから信用情報の提供停止措置を受けていたことを公表した。

同社が2006年4月から7月にかけて、ローン債権の譲渡を行った際、本来は提供しないはずの信用情報を含んだ顧客ファイルを誤って提供したもの。同社では、ジャパンデータバンクから、加盟企業で共有している消費者ローンの信用情報について提供を受けているが、譲渡先への信用情報提供は契約違反だった。

同社では、8月に事実を確認し、ファイルに含まれていた信用情報を回収。ジャパンデータバンクから12月に7日間の紹介停止の措置を受けた。CFJは、停止措置について関東財務局へ事態を報告。顧客への影響はないとして当時公表しなかったという。

(Security NEXT - 2007/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
モニター宛てのメールで誤送信、メアド流出 - 中部電力