Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の試験成績含むPCなどが盗難被害 - 京大

京都大学は、人間・環境学研究科において、2月8日から11日にかけて盗難の被害に遭い、後期試験の成績302件を含むパソコンなどが盗まれたと発表した。

今回の事件は、パソコン2台をはじめ、プリンタやCD-ROM、ソフトウェアなど、何者かに盗まれたもので、パソコンの一部には、後期試験担当科目の成績302件が保存されていた。同大学では、13日に被害届を提出したという。

大学では、該当する学生に事情を説明。各部屋や非常口、窓の施錠を徹底するなど、全教職員および学生に対し防犯のための指導を強化するとしている。

(Security NEXT - 2007/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず