Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大幅な価格改訂を実施、中小企業向け「ウイルスバスター」最新版

トレンドマイクロは、スパイウェアやボットへの対策機能を強化し、導入や管理の一元化を実現した中小企業向け統合セキュリティソフトの最新版「Trend Micro ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 3.5」を、2月28日より出荷開始する。

同製品は、スパイウェア対策とボット型ウイルス対策を強化した統合セキュリティ対策ソフト。従来製品では「Trend Microスパイバスター ビジネスセキュリティ」として提供していたスパイウェア対策機能も統合され、導入から運用、管理まで、一元管理が可能。

また、ボット型ウイルスへの対策として新機能「IntelliTrap」を追加した。ファイルの圧縮形式から危険な圧縮タイプを判断するため、亜種が多く従来のパターンファイルでは十分な対応が難しかったボットの検出、駆除を可能にする。

発売にあたり価格改定を実施し、旧製品から最大約63%引き下げた。価格は、パッケージ版は、5ユーザー(2万8875円)、10ユーザー(5万5000円)、15ユーザー(8万2500円)、25ユーザー版(13万7500円)を用意。ライセンス版は50ユーザーの場合34万1250円。

(Security NEXT - 2007/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀