Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「緊急」6件を含むセキュリティ更新プログラムを公開

マイクロソフトは、12件の脆弱性を解消する2月度のセキュリティ更新プログラムを公開した。今回の更新では、以前公開が延期となったプログラムが4件を含まれており件数が膨らんだ。

重要度が「緊急」とされる脆弱性は、「Word」や「Offce」「Internet Explorer」に関するものをはじめ、「Microsoft Data Access Components」「Microsoft Malware Protection Engine」「HTMLヘルプにおけるActiveXコントロールの脆弱性」など6件。いずれも脆弱性を攻撃された場合、外部からパソコンを乗っ取られる可能性がある。

同社セキュリティチームによると、「Microsoft Malware Protection Engine」の脆弱性については定期的に更新している場合は影響受けないという。また、「Microsoft Data Access Components」の更新プログラムは、非サポート環境にインストールできる可能性もあり注意が必要。

さらに「Windowsシェル」や「Microsoft OLEダイアログ」に関する脆弱性など、「重要」とされる脆弱性も6件あり、それぞれリモートでコードが実行されたり特権が昇格される可能性がある。

2007年2月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-feb.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら