Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、Winny流出ファイルの拡散を阻止するサービス

ネットエージェントは、Winnyネットワーク上に流出したファイルの拡散を防ぐ「Winnyファイル拡散防止サービス」の提供を開始する。

同サービスは、同社が開発した「Winnyファイル拡散防止システム」を利用し、Winnyネットワーク上に流出した業務情報や顧客情報などの拡散を防止するもの。同システムでは、偽りのファイル情報を記載した「駆除キー情報」をWinnyネットワーク上に大量に拡散させ、流出したファイルの「ファイルキー情報」を上書きしてしまうことで、ネットワークからノードへのダウンロードを阻止する。

同社によれば、駆除キー情報を流し始めてから約3時間後には、流出ファイルのファイルキー情報がほとんど消え、サービス実施後のダウンロード成功率が約1/100から1/1000以下に低下したという。

同社では、2月13日から17日までの5日間、同サービスの公開実験を実施。実験では、同社が用意したファイルをWinnyネットワーク上に流し、同ファイルに対してシステムを稼働させるもので、同社ではファイル名、サイズ、ファイルハッシュを公開している。

(Security NEXT - 2007/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市