Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中央労金、内部調査によりあらたに顧客情報紛失が判明

中央労働金庫の八王子支店や本郷支店において取引伝票の紛失が判明した。

八王子支店や本郷支店において、2004年に取り扱った一部伝票の所在がわからなくなっているもので、それぞれ40件、73件の顧客情報を含んでいる。いずれも顧客名や口座番号、取引金額などが含まれているが、同庫では誤廃棄の可能性が高いと結論づけている。

同庫では、先月5日に中野支店における紛失事故が判明、他支店においても同様の紛失がないか調査を進めていた。

(Security NEXT - 2007/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令