Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Excelにリモートでコードが実行される脆弱性、ゼロディ攻撃に注意

マイクロソフトは、Excelにあらたな脆弱性が見つかったとして、注意を呼びかけている。

影響を受けるのは、Windows向け製品であるOffice 2000、同XP、同2003とOffice 2004 for Macに含まれるExcel。悪意あるファイルをユーザーが開くと、第三者が外部からコンピュータを乗っ取る可能性がある。

現在、攻撃対象はExcelだけだが、他のOfficeアプリケーションにも同様の脆弱性が潜在的に存在していることを同社では把握しているという。現在、脆弱性を解決するセキュリティプログラムなども用意されておらず、同社では、メールで送りつけられた信頼が置けないファイルなどを開かないようアナウンスしている。

Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/932553.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏