Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Excelにリモートでコードが実行される脆弱性、ゼロディ攻撃に注意

マイクロソフトは、Excelにあらたな脆弱性が見つかったとして、注意を呼びかけている。

影響を受けるのは、Windows向け製品であるOffice 2000、同XP、同2003とOffice 2004 for Macに含まれるExcel。悪意あるファイルをユーザーが開くと、第三者が外部からコンピュータを乗っ取る可能性がある。

現在、攻撃対象はExcelだけだが、他のOfficeアプリケーションにも同様の脆弱性が潜在的に存在していることを同社では把握しているという。現在、脆弱性を解決するセキュリティプログラムなども用意されておらず、同社では、メールで送りつけられた信頼が置けないファイルなどを開かないようアナウンスしている。

Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/932553.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も