Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BCC利用したが一部顧客メールアドレスが流出 - ユニチカ通商

ユニチカ通商は、モニターキャンペーン応募者の一部メールアドレスが流出したと発表した。

同社が昨年12月に実施した「エンジェルレッグ300名モニターグループ募集キャンペーン」の応募者へ1月18日にメールを送信する際、他の受信者にもアドレスが確認できる状態になったもの。受信者の指摘により判明した。

同社では、674名へメールを送信する際、50名ごとのグループで配信したが、そのなかのひとつで事故が発生。BCCに設定していたが、29名には対し、21名のメールアドレスが本文などに記載された状態で送信された。

原因は、メールアドレスの一部に改行タグが混入していたいたためで、気が付かずに利用してしまったという。一部は無効なメールアドレスだったため、実際に流出したのは16名分で、26名に対して送信していたことが同社の調査で判明した。

同社では、電話や書面で謝罪。配信したメールの削除を依頼した。また、同様の事故が発生しないようシステムを改善したという。

(Security NEXT - 2007/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ドコモ口座」経由の不正チャージ、172件2776万円に
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト