Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BCC利用したが一部顧客メールアドレスが流出 - ユニチカ通商

ユニチカ通商は、モニターキャンペーン応募者の一部メールアドレスが流出したと発表した。

同社が昨年12月に実施した「エンジェルレッグ300名モニターグループ募集キャンペーン」の応募者へ1月18日にメールを送信する際、他の受信者にもアドレスが確認できる状態になったもの。受信者の指摘により判明した。

同社では、674名へメールを送信する際、50名ごとのグループで配信したが、そのなかのひとつで事故が発生。BCCに設定していたが、29名には対し、21名のメールアドレスが本文などに記載された状態で送信された。

原因は、メールアドレスの一部に改行タグが混入していたいたためで、気が付かずに利用してしまったという。一部は無効なメールアドレスだったため、実際に流出したのは16名分で、26名に対して送信していたことが同社の調査で判明した。

同社では、電話や書面で謝罪。配信したメールの削除を依頼した。また、同様の事故が発生しないようシステムを改善したという。

(Security NEXT - 2007/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アジア太平洋地域の若年層対象イベント「GCC 2022 Online」、2022年1月に開催
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
「DX」への期待、「特になし」が3割以上 - 課題は人材や予算不足
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
取引先情報が登録されたスマホをタクシーで紛失 - i-Plug
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社