Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECソフトとポイントセック、「pointsec」の運用ツールを販売

NECソフトとポイントセックは、暗号化対策ソフト「pointsec」の運用管理ツール「webRH」を発売する。さらにNECソフトでは同製品と連携する「SelfHelp」と「FileCenter」の提供を開始した。

「webRH」は、スウェーデンPointsec Mobile Technologiesが開発した「pointsec」の管理ツール。従来「pointsec」では、管理ツールをクライアントPCへ個別にインストールする必要があったが、同製品では、共通した管理ツールをウェブベースで提供することで、ロック解除やリムーバブルメディアの暗号化における利便性が向上した。

また、「SelfHelp」と「FileCenter」はNECソフトが開発したもので、いずれも「webRH」と連携する製品。「SelfHelp」では、本来管理者へ依頼しなければならいロックの解除を、利用者が指定アドレスへメールを送信することにより、管理者を介さずに解除できるため、管理者の負担を軽減できる。

一方「FileCenter」では、従来「pointsec」の運用において回収が必要だったリカバリファイルを自動で収集するもの。回収する手間や回収漏れといったミスを防止できる。

(Security NEXT - 2007/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る