Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECソフトとポイントセック、「pointsec」の運用ツールを販売

NECソフトとポイントセックは、暗号化対策ソフト「pointsec」の運用管理ツール「webRH」を発売する。さらにNECソフトでは同製品と連携する「SelfHelp」と「FileCenter」の提供を開始した。

「webRH」は、スウェーデンPointsec Mobile Technologiesが開発した「pointsec」の管理ツール。従来「pointsec」では、管理ツールをクライアントPCへ個別にインストールする必要があったが、同製品では、共通した管理ツールをウェブベースで提供することで、ロック解除やリムーバブルメディアの暗号化における利便性が向上した。

また、「SelfHelp」と「FileCenter」はNECソフトが開発したもので、いずれも「webRH」と連携する製品。「SelfHelp」では、本来管理者へ依頼しなければならいロックの解除を、利用者が指定アドレスへメールを送信することにより、管理者を介さずに解除できるため、管理者の負担を軽減できる。

一方「FileCenter」では、従来「pointsec」の運用において回収が必要だったリカバリファイルを自動で収集するもの。回収する手間や回収漏れといったミスを防止できる。

(Security NEXT - 2007/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を