Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

花粉情報サービスでメールアドレス2580件が流出 - キッセイ薬品

キッセイ薬品工業は、2月1日にスギ花粉情報の案内を顧客へメールで案内する際、宛先の設定ミスによりほかの受信者のアドレスが表示された状態で送信した。

誤送信が発生したのは、同社が運営する「スギ花粉飛散情報お知らせメール登録サービス」。同サービスでは、春先より飛散がはじまるスギ花粉の飛散状況や同社ウェブサイトの更新などを案内している。

今回、昨シーズンに同サービスを利用した2580名に対し、7グループに分けてサービスを案内するメールを送信したが、その際、メールアドレスを宛先に設定したため、同一グループ内の全アドレスが閲覧できる状態になったという。同社では同日中に説明と謝罪のメールを送り、誤送信メールの削除を依頼したとしている。

(Security NEXT - 2007/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
「ManageEngine Application Manager」に深刻なRCE脆弱性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討