Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ローン返済情報の登録ミス、福島銀行でも

福島銀行は、プログラムミスにより個人ローンの利用者について、誤った信用情報を登録していたと発表した。同行では、問題となったシステムと誤登録した信用情報の修正を1月23日に終えている。

個人ローンを利用する場合、金融機関では借り入れ情報などを全国銀行個人信用情報センターに登録、信用情報を共有しているが、その登録情報を誤って登録していたもの。

昨年10月に同センターのシステム変更が行われた際、金融機関側のシステムにプログラムミスがあり、
誤登録する事故が大手都市銀行や地銀、信用金庫などで発生した。同行に対しても同センターより点検の依頼が12月にあり、調査の結果判明したという。

同行では、1123件のデータを誤って登録しており、代位弁済を受けたが、顧客が返済したと登録されたり、入金や返済が始まっていない口座について、請求に対する入金がなかったとした場合や、データの更新が行われないケースなどがあった。

福島銀行
http://www.fukushimabank.co.jp/

(Security NEXT - 2007/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト