Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールが顧客リストに誤転送され一部個人情報が流出 - サイバートラスト

電子証明書の発行サービスなどを手がけるサイバートラストは、1月16日にメールの誤配信が発生し、一部個人情報が流出したと発表した。

同社では、1月16日に顧客に対してセミナーの案内を送信。一部顧客が配信停止を希望し、返信を行ったが、本来担当者に届くべきはずが、設定ミスによりセミナーの配信リスト宛に転送されたという。今回の事故で10件のメールが466件のメールへ送信された。

顧客の指摘を受けたほか、同社でもメールサーバの異常を感知し、メーリングリストを停止した。同社では、該当する顧客に対して個別に事情を説明し、謝罪。また転送された送信リストにある顧客に対しても同様に謝罪し、メールの削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2007/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も