Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京ガス、盗難された顧客情報を回収 - ビルごみ置き場で

東京ガスは、2006年12月に車上荒らしによる顧客情報の盗難被害が発生したが、その後ビルのごみ置き場で発見され、すべての書類を回収したと発表した。

事件は、2006年12月6日に同社社員が東京都千代田区のコイン駐車場で車上荒らしに遭い、顧客の氏名、住所、電話番号、建物名、工事見積金額など111件の個人情報が記載された「お客さまリスト、図面等の書類」36枚や車検証などが鞄ごと盗まれたというもの。同社では事件を受け、12月8日に公表していた。

今年に入り、1月16日にビルのごみ置き場でビル管理会社が鞄を発見。同社が内容を確認したところ、すべての書類が含まれていたことを確認したという。

(Security NEXT - 2007/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性
小学校で児童の写真含むデジカメとメディアが所在不明に - さいたま市
フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に