Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

料金収納払込票553件が回収中に盗まれる - サークルKサンクス

サークルKサンクスは、1月7日に大阪府豊中市内の2店舗で扱った料金収納の払込票553件が、集荷中に回収ケースごと盗難に遭ったと発表した。

被害に遭ったのは、サンクス緑地公園駅店およびサンクス庄内東町店から回収した料金収納払込票控え計553件分。払込票の種類によって、氏名のみが記載されているものと、氏名および住所が記載されているものがある。

同2店舗から回収後、他店舗を回って集荷している途中で回収ケースごと盗まれたという。同社では警察に盗難届を提出、さらに経済産業省と日本フランチャイズチェーン協会に事態を報告した。

同社によると料金の収納については、店舗で受け付けた時点で正常に完了しているという。該当する顧客に対し、経緯説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2007/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正