Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者417名の氏名や診療情報を第三者にメール誤送信 - 千葉大学病院

千葉大学医学部附属病院は、1月10日に患者417名分の氏名や診療情報を含むメールを、同院の医師が誤って第三者へメール送信したと発表した。

誤送信したメールには、同医師が研究目的で作成した診療情報が記載されていた。2004年以降に心臓検査を受けた患者417名分の氏名、性別、年齢、治療内容などが含まれる。住所や電話番号は含まれない。同医師は自分宛にメールを送付するつもりだったが、メールアドレスを間違え、第三者に送ってしまったという。

同院によると、誤送信先にメールの削除を依頼しているが、1月12日時点ではまだ返信がないという。またメール管理会社に対し削除を依頼するなど、対策を進めているとしている。

同院では、研究目的で診療情報を用いる場合、匿名化を指導していたが徹底されていなかった。同院では、教育などにより再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2007/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検