Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向けに「無料スパイウェア監査サービス」 - ウェブルート

ウェブルート・ソフトウェアは、企業パソコンのスパイウェア感染状況を調査してレポートを作成する「無料スパイウェア監査サービス」を開始した。

同サービスでは、企業内のパソコンについてレジストリやメモリ、ブラウザなどにおけるスパイウェアの感染しやすい部分について調査し、レポートを提供するもの。

調査は企業の要望に応じて、直接訪問かリモートでの作業を選択できる。所要時間は、1台につき数十分。バックグラウンドで実行され、ソフトのインストールなども不要なため、通常の業務を妨げることなく調査が可能だという。

調査後は、スパイウェアの感染状況や感染率、検出されたスパイウェアの特徴や感染数などの詳細をまとめたレポートを作成する。対象台数は、数千台といった規模まで対応する。

同サービスにはスパイウェア駆除は含まれておらず、パソコンの完全スキャンやスパイウェア駆除については、別途サービスが提供される。

(Security NEXT - 2007/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も