Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2006年のウイルス届出数は減少傾向だが高い水準 IPAの2006年総括

情報処理推進機構は、2006年のウイルスや不正アクセスの届け出件数などをとりまとめた。

ウイルスの届け出は、2004年に前年比約3倍の大幅な増加を記録、その後NetskyやMytobなどの蔓延を背景に2005年の5万4174件と過去最悪のピークを迎えたが、2006年には依然検出数は多いものの、2006年度はピークを越えて4万4840件へ減少へ転じた。さらに、届け出件数に対し、実際に感染する割合については0.4%から0.2%へ大幅に減少し、過去5年間で最低水準となった。

一方、不正アクセスの届け出についても515件から331件へ大幅に減少。2001年以降高い水準で推移していたが、過去5年間で最低を記録。

同機構によれば、攻撃を受けている被害者は、個人が半数以上。企業や研究期間など、無差別な攻撃にさらされているという。また、被害を受ける原因はパスワード管理やパッチ管理のミス、ウェブアプリの脆弱性を攻撃したものが目立った。

(Security NEXT - 2007/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性