Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winnyやセキュリティソフトの押し売りの相談件数が増加 - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、2006年12月のウイルス検出状況や不正アクセスの届出状況を発表した。11月に登場したウイルス「Nuwar」の亜種が複数発生し、大量に出回ったほか、Winnyやセキュリティソフトの押し売りに関する相談件数が増加傾向にあるとして注意を発している。

12月のウイルス検出数は約131万個で、前月の約158万個から17.3%の減少となった。届出件数に関しては3212件と、前月の3664件から12.3%の減少となった。検出数は「Netsky」が約67万個でトップ。2位は「Looked」で約23万個、3位は「Nuwar」で約17万個と続いた。

「Nuwar」は11月に見付かっていたが、12月末に複数の亜種があらたに出現した。亜種は年末を狙ったもので、「Happy New Year!」など新年の挨拶を装った件名で届き、添付ファイルを開くとウイルスに感染する。

また、昨年9月に発生した「Looked」の亜種が依然としてまん延している。同ウイルスは、オンラインゲームのIDやパスワードを盗むスパイウェア。オンラインゲームのIDが盗まれた場合、RMTを目的として不正にログインされ、アイテムなどが奪われるので注意が必要だ。

不正アクセスの届出件数は10件で、そのうち被害件数は9件だった。被害の内訳は、侵入6件、DoS攻撃1件、その他2件。不正アクセスに関連した相談件数は40件で、そのうち被害のあった件数は23件だった。

また「ワンクリック不正請求」に関する相談件数が130件だった。11月より減少したものの、年間を通じて多くの被害相談が寄せられた。Winnyに関する相談は、先月の12件から15件へ増加。セキュリティソフトの押し売りに関する相談は18件から31件へ大きく増加しており、依然注意が必要だ。

(Security NEXT - 2007/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性