Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ATMから現金10万円以上の振込不可に - 来年1月から

2007年1月4日以降は、銀行ATMから現金10万円以上を振り込むことができなくなるので、注意が必要だ。

今回の措置は、マネーロンダリングやテロ資金対策として、国際機関FATFの勧告に従い、本人確認法が改正となり、今年9月に公布、2007年1月4日より施行となるためで、ATMからは現金10万円以上の振り込みができなくなる。窓口を利用した場合、10万円以上の振り込みは可能だが、免許証や健康保険証による本人確認が行われる。

代理人が振り込む場合は、本人と代理人の本人確認が必要。ただし、預金口座から振り込む場合は、従来通りに振り込むことが可能で、税金の納付時についても本人確認は不要となっている。

(Security NEXT - 2006/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
スポーツ施設の工事委託先にサイバー攻撃 - 東京都
「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市