Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ATMから現金10万円以上の振込不可に - 来年1月から

2007年1月4日以降は、銀行ATMから現金10万円以上を振り込むことができなくなるので、注意が必要だ。

今回の措置は、マネーロンダリングやテロ資金対策として、国際機関FATFの勧告に従い、本人確認法が改正となり、今年9月に公布、2007年1月4日より施行となるためで、ATMからは現金10万円以上の振り込みができなくなる。窓口を利用した場合、10万円以上の振り込みは可能だが、免許証や健康保険証による本人確認が行われる。

代理人が振り込む場合は、本人と代理人の本人確認が必要。ただし、預金口座から振り込む場合は、従来通りに振り込むことが可能で、税金の納付時についても本人確認は不要となっている。

(Security NEXT - 2006/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所