Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米国の検索エンジンで危険な検索ワードは「free」

「iPod nano」「Winnie the Pooh」「free」……一見、共通項が見つからないが、これら単語をインターネットで検索すると意外な共通点が浮かび上った。いずれも検索結果に危険なサイトが多いことだ。

検索エンジンの検索結果について米McAfeeが調査を行ったところ、判明した。同社は、危険をデータベース化し、アイコンで安全度を表示するMcAfee SiteAdvisorを提供しているが、これらを用いて米国の検索エンジン「Google」「Yahoo!」「MSN」「AOL」「Ask」を対象に調査を実施した。

調査対象の検索エンジンは、いずれも危険なサイトを表示しており、安全なサイトはなかった。検索結果に、危険とされる「赤」や「黄色」のアイコンが表示されるケースは、平均で4.4%と前回5月の調査結果の5.0%から減少傾向にあるという。しかしながら、同社では、毎月10億回以上行われていると推定している。

単語については、「free」を含んだ検索を行った際、危険なサイトの表示される可能性が高く、検索結果の14.5%がリスクの高いサイトだった。また、カテゴリとしては「tech toys」がもっとも高く、「ipod nano」「mp3 music downloads」「winmx」といった語句が含まれる。子供を狙った「childhood favorites」分野も6.7%と危険が高く、「Winnie the Pooh」「Tweety」といった語句には注意が必要だ。また、アダルト関連の検索や広告なども8%に危険なサイトが表示されたという。

(Security NEXT - 2006/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開