Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最大538万人分の個人情報漏洩の可能性 - 日産

日産自動車は、一部週刊誌が10月に報じた同社の個人情報の漏洩記事に対し、流出の可能性があることを認めた。

問題となった記事は、10月30日に発売された週刊朝日で「日産ユーザー200万件、全国個人データ流出」として報じたもの。同記事によれば、「氏名」「性別」「生年月日」「住所」「電話番号」「所有車情報」が含まれていたという。

同社では記事を受け、調査を進めていたが、合致するデータベースはないものの、同社内で利用する特殊な情報が含まれており、他のデータベースでは用いられていないデータだったことから、流出があったと判断した。日産では、データの内容から流出時期は2003年5月から2004年2月の間と見ている。流出経路などはわかっていない。

同社では、データベースに含まれる537万9909名に書面で謝罪、事情を説明した上で注意喚起を行う。さらに監視カメラの設置や機密情報取扱ルールの強化などをセキュリティ対策を実施する予定だという。

また、流出したと見られるデータベースは2003年に導入されたものだが、データ暗号化やログの取得、アクセス権の制御などが可能なセキュリティを強化した新しいデータベースへの移行を2006年1月に行うとしている。

(Security NEXT - 2006/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ