Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病名など患者情報を含む書類がひったくり被害 - 国立がんセンター

国立がんセンター中央病院は、12月10日に患者30名分の個人情報が記載された入退院名簿が盗まれたと発表した。

被害に遭った書類には、患者30名分の氏名、住所、電話番号、生年月日に加え、病名なども記載されていた。深夜勤務の職員が出勤の際、バイクに乗った男性に鞄ごとひったくられたという。

もともと同院では入退院名簿の持ち出しを禁止していたが、規定が遵守されていなかった。同院では同職員を厳重注意とし、他職員に対しても規定の遵守を徹底させるとしている。

(Security NEXT - 2006/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC
写真教室参加希望者宛のメールで誤送信 - 宮城県東北歴史博物館
2024年2Qの「JVN iPedia」登録は1463件 - NVDの公開遅延が影響
JPCERT/CCが感謝状 - 脆弱性悪用対応の「重要な模範事例」
WPプラグイン「WooCommerce Social Login」に複数の脆弱性
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ