Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病名など患者情報を含む書類がひったくり被害 - 国立がんセンター

国立がんセンター中央病院は、12月10日に患者30名分の個人情報が記載された入退院名簿が盗まれたと発表した。

被害に遭った書類には、患者30名分の氏名、住所、電話番号、生年月日に加え、病名なども記載されていた。深夜勤務の職員が出勤の際、バイクに乗った男性に鞄ごとひったくられたという。

もともと同院では入退院名簿の持ち出しを禁止していたが、規定が遵守されていなかった。同院では同職員を厳重注意とし、他職員に対しても規定の遵守を徹底させるとしている。

(Security NEXT - 2006/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース