Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正注文をチェックし、ショップオーナーへ警告 - Eストアー

Eストアーは、ネットショップの運用サービスの機能を強化し、カードの不正使用や不正注文の疑いがある場合にネットショップオーナーへ注意喚起する「不正注文シグナル」を追加した。

同サービスは、不正注文によるショップ事業者の被害を防止するためのセキュリティ機能。同社が提供する「ショップサーブ」「サイトサーブ」「ストアツール」に順次導入する。

同機能では、同社が蓄積したデータと注文を照合、さらにパトロールチームが巡回、チェックすることでカード情報の不正使用や不正受注の疑いがある注文について警告することで、商品発送後の未払いといった被害を防止する。

(Security NEXT - 2006/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC
写真教室参加希望者宛のメールで誤送信 - 宮城県東北歴史博物館
2024年2Qの「JVN iPedia」登録は1463件 - NVDの公開遅延が影響
JPCERT/CCが感謝状 - 脆弱性悪用対応の「重要な模範事例」
WPプラグイン「WooCommerce Social Login」に複数の脆弱性
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ