Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、12月度のセキュリティパッチを公開 「緊急」3件含む

マイクロソフトは、12月度のセキュリティパッチを公開した。

今回のセキュリティパッチには、IE向けの累積的なセキュリティ更新プログラムをはじめ、Visual Studio 2005の脆弱性、Windows Media Formatの脆弱性など、「緊急」とされるものが3件含まれる。いずれも脆弱性を攻撃された場合、コンピュータを乗っ取られる危険があるので、注意が必要だ。

また、「重要」とされるものも4件公開されている。パッチを適用することにより、Windowsや、SNMP、Outlook Express、RISのにおける脆弱性を解消し、特権の昇格やリモート環境からコードを実行される問題を修正する。

2006年12月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-dec.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団