Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSIが「DocumentSecurity」を多言語対応 - グローバル企業にアピール

アルプスシステムインテグレーションは、セキュリティソリューション「DocumentSecurity」を多言語対応させると発表した。

同製品は、ファイルの暗号化やアクセスコントロール、外部メディアへのコピー制限、印刷回数や期限の制御などを行うセキュリティソリューション。同社では、グローバル企業の海外拠点で利用されるシーンなどを想定し、英語をはじめ、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語、チェコ語への対応を進めている。

第1弾として英語、中国語へ対応した製品を2007年4月に発売する予定で、他の言語についても2007年夏をめどに対応。日本語とあわせて8言語で利用可能になる。

(Security NEXT - 2006/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ