Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省と経産省、ボット対策ポータル「サイバークリーンセンター」を開設

総務省と経済産業省は、「ボット対策プロジェクト」の一環としてポータルサイト「サイバークリーンセンター」を共同で開設、運営を開始した。

両省では、国内のボット感染率は2?2.5%ほどで、40万台から50万台のコンピュータが感染していると見込んでおり、ボットの撲滅のため「ボット対策プロジェクト」を進めている。同プロジェクトでは、総務省がボットプログラムの収集や感染ユーザーへの注意喚起を、経済産業省が、ボットプログラムの解析と対策情報の作成を担当している。

両省は、ポータルサイトの運営を通じ、感染被害を受けているユーザーへの通知や駆除方法といった情報提供を進める。

(Security NEXT - 2006/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も
「SQL Server」の認証試行が10月より急増
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
不正ログインで狙われるゲームアカウント - RMTで換金
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか