Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員私有PCのファイル交換ソフト経由で個人情報が流出 - 大阪市

大阪市職員のパソコンから個人情報や業務関連情報などがネット上に流出していたことがわかった。

流出したのは、同市交通局の顧客情報305件および業務関連情報など。顧客情報には、氏名や住所、電話番号が含まれていた。職員の自宅パソコンがウイルスに感染し、保存されていた情報がファイル交換ソフトを介して流出。12月6日に判明した。該当する顧客に対しては、個別に説明と謝罪をする。

同局では業務関連情報の無断持ち出しを禁じていたが、今回の事故を受け、情報の取り扱いについて再度周知徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認