Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員私有PCのファイル交換ソフト経由で個人情報が流出 - 大阪市

大阪市職員のパソコンから個人情報や業務関連情報などがネット上に流出していたことがわかった。

流出したのは、同市交通局の顧客情報305件および業務関連情報など。顧客情報には、氏名や住所、電話番号が含まれていた。職員の自宅パソコンがウイルスに感染し、保存されていた情報がファイル交換ソフトを介して流出。12月6日に判明した。該当する顧客に対しては、個別に説明と謝罪をする。

同局では業務関連情報の無断持ち出しを禁じていたが、今回の事故を受け、情報の取り扱いについて再度周知徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ