Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東、企業向け「ひかり電話」が一時つながりにくい状況に - 現在は回復

NTT東日本は、12月5日10時56分より、「ひかり電話ビジネスタイプ」の一部ユーザー間で通話がつながりにくい状況になっていたと発表した。故障サーバの切り替えにより、現在は回復している。

呼制御サーバのソフトウェアの不具合により、無効データがメモリ上に蓄積されたことが原因だった。これにより、同サーバに収容されている823ユーザーの発着信がつながりにくい状況となった。

その後、同日12時10分に故障サーバを予備系のシステムに切り替えたことで無効データが削除され、運用の安定が確認された。また同社では、今回の事象の原因となったソフトウェアの改修を行うとしている。

(Security NEXT - 2006/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1Qのダークネット観測パケット数は1187億 - NICTER
欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック
メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動