Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語対応アドウェアが蔓延 - ウェブルートのスパイウェアトップ10

ウェブルート・ソフトウェアは、11月度のスパイウェアトップ10を発表した。同社検索ツール「Spy Audit」により検出したスパイウェアの情報をまとめたもの。

アドウェアで1位となったのは、「CnsMin」は、一部で配布されている日本語検索ツールに利用され、多く検知された。ウイルスが感染しているかのように偽るアドウェア「SystemDoctor 2006」が続いた。同様のソフトウェアとして「DriveCleaner 2006」が6位にランクインしている。いずれも日本語へローカライズされており、日本での検出率が高いという。

トロイの木馬では、上位に目立った動きはないものの、10月に発見された「Trojan Backdoor FlyYu」が4位に登場している。同社が発表したマルウェア別のトップ10は以下のとおり。

アドウェア

1位:CnsMin
2位:System Doctor 2006
3位:GAIN
4位:WhenU SaveNow
5位:180search Assistant/Zango
6位:DriveCleaner
7位:SearchTool
8位:WhenU
9位:TrafficSolution
10位:WhenU Save

トロイの木馬

1位:Trojan-Downloader-Zlob
2位:Trojan Hachilem
3位:Trojan-Downloader-Ruin
4位:Trojan Backdoor FlyYu
5位:Trojan Downloader Matcash
6位:Trojan Agent Winlogonhook
7位:Trojan DNSChanger
8位:UkVideo
9位:Lzio
10位:Trojan Rbot

システムモニタ

1位:Sc-Keylog
2位:Sword Keylogger
3位:Skin98
4位:Win-Spy Monitor
5位:Active Keylogger
6位:ChatWatch
7位:IsMyMateCheatingOnline Pro
8位:Trojan Keylogger Lineage
9位: 該当無し
10位:該当無し

(Security NEXT - 2006/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める