Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

凸版とNICT、広告付き「無償暗号化ソフト」を配布

凸版印刷と情報通信研究機構(NICT)は、広告付きファイル暗号化ソフト「CIPHERON NEO」を共同開発した。11月20日発行のフリーDVD「codeNEO」vol.5に収録する予定だ。

同ソフトは、ハードディスク上の任意のファイルを暗号化および復号化を行うものだが、復号化する際、約15秒のオンライン広告が表示される。

また、二次元コードを用いた認証キーを発行でき、12月からは暗号化ポータルサイト「CIPHERON.NET」にキーを登録することで、暗号化ファイルの交換が可能。

凸版印刷が発行するフリーDVDマガジン「codeNEO」からインストールが可能。同DVDはコンビニエンスストア、レンタルショップ、書店、映画館などで約25万部が配布されている。


CIPHERON NEOインタフェース


広告表示時

(Security NEXT - 2006/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中