Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先社員のPCが流出元と判明 - 旧高知市民病院情報流出

高知医療センター(旧高知市立市民病院)の患者情報約26万件が流出した問題で、業務委託先であるワールドビジネス高知センター社員の個人パソコンが流出元であることが判明した。

ワールドビジネス高知センターによれば、2005年2月から3月ごろにかけて同社員が個人パソコンで業務を行い、作業終了後もデータがそのまま削除されずに自宅へ持ち帰っていたという。その後、社員宅のネットワーク内にあったパソコンにインストールされていたファイル交換ソフトを介してデータが流出した。

流出したのは、旧高知市立市民病院の患者情報26万4717件、職員や専修医1331名が記載された名簿、およびネームプレート578名分など。

(Security NEXT - 2006/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大