Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高知医療センター、患者の個人情報26万件がネット流出

高知医療センター(旧高知市民病院の)は、の患者に関する個人情報がWinny経由でネット上に流出していたことがわかった。

流出が確認されたのは、旧高知市民病院の患者の氏名、住所、生年月日など個人情報。暴露ウイルスによる流出と見られ、流出件数は約26万件におよび、職員名簿も含まれる。同院では、流出した情報は氏名や住所、生年月日などに限られ、病名など診療情報の流出については否定している。

総務省の指摘で判明。流出の原因や経路については現在調査中としているが、情報の流出元は同医療センターではないことが確認したという。同院では、調査を続行して全容解明に取り組むという。

(Security NEXT - 2006/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市