Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三重信金、顧客情報含むマイクロフィルム約18万枚を紛失

三重信用金庫は、顧客情報を記録したマイクロフィルム延べ18万8500枚の紛失を発表した。

所在が不明となっているのは、1997年から2004年までに顧客などから預かった手形や小切手を専用機器で撮影したマイクロフィルム約72本。のべ18万8500枚の撮影データが含まれるという。

フィルムには、手形や小切手の金額、期日のほか、振出人、受取人、裏書人の氏名、住所などが記録されている。9月25日に実施した内部調査で判明。

同庫では、枚数が多く該当する顧客の特定が不可能であることから公表したという。今年の1月に資料の処分を行った際、誤って一緒に廃棄した可能性が高いと結論付けている。

(Security NEXT - 2006/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
県立高で生徒と保護者の画像含む記録メディアを紛失 - 埼玉県
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応