Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三重信金、顧客情報含むマイクロフィルム約18万枚を紛失

三重信用金庫は、顧客情報を記録したマイクロフィルム延べ18万8500枚の紛失を発表した。

所在が不明となっているのは、1997年から2004年までに顧客などから預かった手形や小切手を専用機器で撮影したマイクロフィルム約72本。のべ18万8500枚の撮影データが含まれるという。

フィルムには、手形や小切手の金額、期日のほか、振出人、受取人、裏書人の氏名、住所などが記録されている。9月25日に実施した内部調査で判明。

同庫では、枚数が多く該当する顧客の特定が不可能であることから公表したという。今年の1月に資料の処分を行った際、誤って一緒に廃棄した可能性が高いと結論付けている。

(Security NEXT - 2006/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏