Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ誤配信で購読者リストを流出 - 医療人材サービス会社

キャリアブレインは、10月12日にメールマガジンを配信した際、購読者5872名の個人情報を含むリストを誤って添付して送ったことを明らかにした。

同社によれば、同社発行のメールマガジン「最新医療ニュース」を配信する際、購読者5872名の氏名、職業、メールアドレスを含むリストを添付した状態で、3736名の購読者に送信したという。

原因はメールソフトの操作ミスで、誤って同リストを添付ファイルに設定していた。同社では、送信前にチェックを行っていたが、添付ファイルについてはチェックされなかったという。

該当する購読者に対しては説明と謝罪のメールを送り、誤配信メールとリストの削除を依頼している。同社では再発防止対策のほか、報酬カットなど役員に対しても処分を行うとしている。

(Security NEXT - 2006/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

共同利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測