Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事務所荒らしで顧客情報入りPC持ち去られる - NTT東日本

NTT東日本の千葉支店において盗難が発生し、顧客情報2526件が保存されたノートパソコン2台が盗まれた。

盗難に遭ったパソコンには、法人顧客268件、および個人の顧客2258名分の顧客情報が保存されており、顧客名、住所、ISPサービスの故障履歴などが含まれる。同社によれば、1階の窓ガラスが割られて浸入され、2階事務室内のパソコンや現金などが盗まれた。パソコンには、セキュリティワイヤーによる盗難防止措置が施されていたが、持ち去られたという。

10月2日の盗難判明後、被害届を提出した。該当する顧客に対しては説明と謝罪をするとともに、問い合わせ専用の電話窓口を設けて対応する。

(Security NEXT - 2006/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー