Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事務所荒らしで顧客情報入りPC持ち去られる - NTT東日本

NTT東日本の千葉支店において盗難が発生し、顧客情報2526件が保存されたノートパソコン2台が盗まれた。

盗難に遭ったパソコンには、法人顧客268件、および個人の顧客2258名分の顧客情報が保存されており、顧客名、住所、ISPサービスの故障履歴などが含まれる。同社によれば、1階の窓ガラスが割られて浸入され、2階事務室内のパソコンや現金などが盗まれた。パソコンには、セキュリティワイヤーによる盗難防止措置が施されていたが、持ち去られたという。

10月2日の盗難判明後、被害届を提出した。該当する顧客に対しては説明と謝罪をするとともに、問い合わせ専用の電話窓口を設けて対応する。

(Security NEXT - 2006/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ジャックス装うフィッシング攻撃が発生 - 利用確認促す手口
不正なアクセスを検知、詳細は調査中 - ALSOK介護
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス