Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北電、委託検針員が顧客情報記載の書類を紛失

北海道電力は、10月6日に業務を委託している検針員が、作業中に顧客情報83件を含む書類を紛失したと発表した。

北広島市内で検針作業中、顧客83名分の氏名などが記載された書類を紛失したというもの。紛失判明後、作業現場付近などを捜索したがまだ発見されていない。該当する顧客には、事実説明と謝罪をしている。

今後は再発防止に向けて、顧客情報の管理を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学校見学会中止の通知メールを誤送信 - 都立高校
メール誤送信で研修申込者のメアド流出 - 港区
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
ジャックス装うフィッシング攻撃が発生 - 利用確認促す手口
不正なアクセスを検知、詳細は調査中 - ALSOK介護
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA