Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北電、委託検針員が顧客情報記載の書類を紛失

北海道電力は、10月6日に業務を委託している検針員が、作業中に顧客情報83件を含む書類を紛失したと発表した。

北広島市内で検針作業中、顧客83名分の氏名などが記載された書類を紛失したというもの。紛失判明後、作業現場付近などを捜索したがまだ発見されていない。該当する顧客には、事実説明と謝罪をしている。

今後は再発防止に向けて、顧客情報の管理を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協