Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セブン銀行、ATMの取引情報約4万件を含むMOを紛失

セブン銀行のATM取引情報4万2858件を記録したメディアが所在不明になっていることがわかった。口座情報など個人情報が含まれる。

同行が紛失したとされるMOディスクは、茨城県内のセブンイレブン下妻本城店に設置されたATMにおける、2005年12月28日から2006年8月21日までの取引情報4万2858件が記録されていた。顧客の氏名、口座番号、金融機関名、取引金額、残高などが含まれる。暗証番号情報は含まれないという。

同ディスクを保管委託先から取り寄せた後、社内で所在不明となった。同行では、誤って廃棄した可能性があり、さらにディスク内のデータが暗号化され、解読には専用のソフトウェアが必要であることから外部へデータが流出する可能性は低いとしている。

(Security NEXT - 2006/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ