Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セブン銀行、ATMの取引情報約4万件を含むMOを紛失

セブン銀行のATM取引情報4万2858件を記録したメディアが所在不明になっていることがわかった。口座情報など個人情報が含まれる。

同行が紛失したとされるMOディスクは、茨城県内のセブンイレブン下妻本城店に設置されたATMにおける、2005年12月28日から2006年8月21日までの取引情報4万2858件が記録されていた。顧客の氏名、口座番号、金融機関名、取引金額、残高などが含まれる。暗証番号情報は含まれないという。

同ディスクを保管委託先から取り寄せた後、社内で所在不明となった。同行では、誤って廃棄した可能性があり、さらにディスク内のデータが暗号化され、解読には専用のソフトウェアが必要であることから外部へデータが流出する可能性は低いとしている。

(Security NEXT - 2006/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分