Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベクター、ウイルス感染ソフトのダウンロード数を下方修正

ベクターは、同社ポータルサイトでウイルス感染ソフトを公開した事故について、ダウンロードされたソフトの件数を下方修正した。

同社では、当初3986タイトルにウイルスが感染し、感染タイトルのうち、807タイトルがダウンロードされ、のべ7873回のダウンロードが行われたとしていた。ウイルス感染ソフトの一覧を修正し、調査の結果、感染した可能性があるソフトを155本、最大1107回とアナウンスした。

また同社では、複数のウイルス対策ソフトによる監視体制の冗長化やファイル保管サーバとWindowsネットワークとの隔離など、再発防止策を実施したという。

(Security NEXT - 2006/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe7製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 移行急がれる「同2017」
厚労省、医療機関のセキュリティ研修を展開 - ポータルサイトが始動
意図せず名簿をPDF化、メールに誤添付 - 都委託先
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
教員2人を懲戒処分、個人情報目的外利用とパワハラで - 早大
JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ