Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約9万3000世帯の顧客情報を記録した磁気テープを誤廃棄か - 埼玉の郵便局

日本郵政公社は、埼玉県内の川口北郵便局において、配達区内の全世帯約9万3000世帯分の顧客情報が記録された磁気テープの紛失が判明したと発表した。

所在が不明となっている磁気テープには、同郵便局が配達を受け持つ地域の全世帯の顧客情報が記録されていた。約9万3000世帯、22万6000名分の氏名、住所、配達順路、および転居情報が含まれている。

テープは誤って廃棄された可能性が高いという。またデータは暗号化されており、専用機器を利用しないと読み取ることはできないとしている。今後は再発防止に向け、情報の厳重管理を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ZohoのUEM製品に深刻な脆弱性、すでに悪用も - 侵害状況の確認を
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
スイーツ通販サイトに不正アクセス、ゼロデイ脆弱性の発見から被害に気づく
ウェブサーバに脆弱性を突く不正アクセス - ロイヤルホームセンター
事件関係者の提出文書を紛失、審査に影響なし - 公取委
委託元に無関係の顧客情報を誤送信、非表示状態でファイル内に - 三菱UFJニコス
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」にあらたな脆弱性が判明
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券