Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員のPCから顧客情報がWinny流出 - 設備設計会社

エスエスイーは、元従業員の私用パソコンがウイルスに感染し、1455件の顧客情報を含む業務情報がWinnyネットワーク上に流出したと発表した。

今回流出した情報は、元従業員が自宅のパソコンに保存していたもの。ウイルスに感染によりWinnyを介してネット上に流出した。元従業員は違法に情報を持ち出していたという。

今回の流出は、外部からの指摘により判明。その後外部専門家を含む対策本部を設置して詳細な調査を実施したところ、1455件の顧客情報を含む業務データが流出していたことが判明した。

同社では該当する顧客に対して事実説明と謝罪をし、二次被害に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2006/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
「ManageEngine Application Manager」に深刻なRCE脆弱性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討