Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員のPCから顧客情報がWinny流出 - 設備設計会社

エスエスイーは、元従業員の私用パソコンがウイルスに感染し、1455件の顧客情報を含む業務情報がWinnyネットワーク上に流出したと発表した。

今回流出した情報は、元従業員が自宅のパソコンに保存していたもの。ウイルスに感染によりWinnyを介してネット上に流出した。元従業員は違法に情報を持ち出していたという。

今回の流出は、外部からの指摘により判明。その後外部専門家を含む対策本部を設置して詳細な調査を実施したところ、1455件の顧客情報を含む業務データが流出していたことが判明した。

同社では該当する顧客に対して事実説明と謝罪をし、二次被害に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2006/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

実際に確認された巧妙な「ビジネスメール詐欺」 - IPAが事例集
学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
TP-Linkの監視カメラやネットワーク設定用アプリに脆弱性
「Apache Flink」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意
小学校で児童の指導要録や転学届の紛失が判明 - 名古屋市
児童相談所などが支援児童の住所を秘匿対象者に漏洩 - 横浜市
「国民のためのサイバーセキュリティサイト」がリニューアル
「mixi」にPWリスト攻撃 - 2月から3月にかけて発生
バッファロー製ルータでボット感染が増加 - 脆弱なパスワード設定に起因か
先週注目された記事(2024年5月19日〜2024年5月25日)