Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

弥生、顧客情報漏洩事件を受け社内処分を実施

弥生は、7月に発覚した顧客情報流出事件を受け社内処分を行った。

同事件は、会計ソフト「弥生」シリーズのユーザー16万4304名分の顧客情報が流出したもの。外部調査会社などが調査を実施したが原因特定には至っていないという。

同社では今回事件を受け、社内処分を実施。現代表取締役会長 (事故当時代表取締役社長)の平松庚三氏を20%減給2カ月、現代表取締役社長(当時取締役副社長)の飼沼健氏を10%減給2カ月とした。

その他関連する常務取締役や執行役員についても減給処分を実施。また、情報管理担当者などについては戒告処分を行った。

同社によれば、現在セキュリティの強化を推進しており、メール記録システムの導入やログシステムの強化、コールセンターにおける入退室管理の導入などを行ったという。運用のルールの見直しなどを進めているほか、社員教育などを実施する予定。

(Security NEXT - 2006/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
「ドコモ口座」の被害申告状況を更新 - NTTドコモ
調査員が国勢調査の調査世帯一覧を紛失 - 泉南市
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を