Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

定番ウイルスが相変わらず上位 - ソフォスの8月のウイルストップ10

ソフォスは、2006年8月の「トップ10ウイルス」を発表した。

発表によれば、8月中にあらたに発見されたセキュリティ脅威1998件のうち、71.8%はターゲットを絞ったトロイの木馬型だった。また、8月に利用されたメールのうち、0.4%がウイルスメールだった。

トップ10の上位は依然としてメール拡散型の古いウイルスが占めており、同社は、十分なウイルス対策をしていないユーザーがまだ多く存在していることを指摘している。

1位の「Netsky-P」と2位の「Mytob-AS」は、1年前の2005年8月にも上位にランクインしていた。また、2005年5月以来チャートに入ることのなかった「Mytob-E」も、今回7位に再浮上している。いずれも対策はすでに提供されており、ユーザーの対策意識の低さがうかがえる。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Netsky-P
W32/Mytob-AS
W32/Bagle-Zip
W32/Nyxem-D
W32/Netsky-D
W32/Mytob-C
W32/Mytob-E
W32/MyDoom-O
W32/Zafi-B
W32/Mytob-FO

(Security NEXT - 2006/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験