Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECネクサ、情報セキュリティ総合診断サービスをリリース

NECネクサソリューションズは、情報システムを診断する「セキュリティクリニック 情報セキュリティ 総合診断サービス」の提供を開始する。

同サービスは、システム上のセキュリティに関する問題やシステム運用のマネジメントについて診断を実施するもので、結果をまとめた報告書が納品される。国際標準レベルとのギャップを確認でき、現状の把握や目標レベルの設定に活用できる。

部門ごとの診断も可能。ヒアリング対象が1?2部門でサーバの診断がIPアドレス3カ所の場合、費用は約150万円となっている。

(Security NEXT - 2006/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に