Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、月例セキュリティパッチ12件を公開 - 「緊急」9件

マイクロソフトは、8月度のセキュリティパッチを公開した。「緊急」が9件、「重要」が3件となっている。

今回、「緊急」とされたのは、Windowsそのものの脆弱性をはじめ、「HTMLヘルプ」「DNSの解決」「Microsoft管理コンソール」「Serverサービス」など。いずれもリモートでコードが実行されるおそれがある。そのほか、Internet Explorer用の累積的なセキュリティパッチや、Visual Basic for ApplicationsやOfficeのパッチについても「緊急」とされている。

更新プログラムは、マイクロソフトダウンロードセンターのほか、Microsoft Updateなどからダウンロードすることができる。

2006年8月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-aug.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性12件を修正
「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も